日帰りで潜りに行けるダイビング

ダイビングをしている人って、実はけっこういるものです。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンス取得のコースは、通常4日間で終了しますから、けっこう気軽に受けることができます。
スキューバダイビングの指導団体にはいくつかの団体があり、それぞれが組んだカリキュラムに沿って安全に潜れるようになるためのコースが行われます。
PADIというのは、指導団体の中でももっとも大きな団体で、本部はアメリカですが世界各国に支部があります。
PADIのダイビングスクールにもいくつかランクがあり、優良店は5スターという称号が与えられます。
せっかくのダイビングですから、楽しく続けられるダイビングスクールを選びましょう。やはり、信頼できるインストラクターがいることは大切です。
ダイバーになったら、ダイビングショップが主催するダイビングツアーに参加すると仲間もすぐに増えますよ。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして、伊豆のダイビングでスキルアップしたら、いよいよ沖縄ダイビングデビューです。エメラルドグリーンの海が待っています。
「体験ダイビングでも潜れるのは一緒でしょ?」なんて言う方もいるようですが、楽しみの幅は比べものになりません。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。

「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
スキューバダイビングのライセンスを発行する団体は、実はひとつだけではなく、いくつかあります。
よく国際ライセンスという表記を見ますが、世界中で一番認知されているのはPADIという団体が発行しているCカードでしょう。
PADIのダイビングスクールにもいくつかランクがあり、優良店は5スターという称号が与えられます。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ダイビングスクールの主催するダイビングツアーに参加していると、楽しい仲間がどんどん増えていきます。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして、伊豆のダイビングでスキルアップしたら、いよいよ沖縄ダイビングデビューです。エメラルドグリーンの海が待っています。
「体験ダイビングでも潜れるのは一緒でしょ?」なんて言う方もいるようですが、楽しみの幅は比べものになりません。
最近では中高年の方もダイビングを始める方が多くなりました。75歳でダイビングライセンス取得なんていう方もいるなんて素敵なスポーツですね。