体験ダイビングでも潜れるのは一緒でしょ?

ダイビングをやってみたいけど、何から始めていいのかわからない・・・という人も多いのではないでしょうか?
スキューバダイビングはスキンダイビング(素潜り)と違ってCカードと呼ばれるライセンスが必要なのです。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
実はスキューバダイビングライセンスを発行している団体というのは、ひとつだけではないのです。
よく国際ライセンスという表記を見ますが、世界中で一番認知されているのはPADIという団体が発行しているCカードでしょう。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングスクールを選ぶ際は、通いやすいことも大切ですが、一番のポイントは信頼できるインストラクターがいることでしょう。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!

ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイビングを始めるのには、まずCカードと呼ばれるライセンスを取得しなければいけないのがシュノーケルとは違うところです。
ダイビングライセンスを取得するコースを南の島へ旅行に行ったときに受ける人もいますし、近場の海で受ける人もいます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
ダイビングの指導団体のひとつにPADIというのがありますが、世界中のダイバーの約6割はPADIのライセンスを持っているのです。
日本でもダイビングスクールはPADIのカリキュラムを提供しているショップが圧倒的に多いです。
ダイビングを楽しく続ける為には、自分に合ったダイビングスクールを選ぶことがポイントです。その為にも実際に足を運んでチェックするのが一番ですね。
もしあなたがひとりでダイビングを始めても大丈夫。ショップ主催のダイビングツアーに参加しているとすぐに仲間が増えるからです。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!